島根県がん・生殖医療ネットワークとは

【目的】

島根県におけるがん・生殖医療に係る診療・研究及び、その発展向上を通じて若年がん患者の妊孕性維持を図る。

【対象症例】

○対象年齢

男女ともに下限なし~患者本人の生殖可能な年齢を超えない年まで
但し、島根県の助成対象は43歳未満(凍結保存時に42歳の方まで)

○対象疾患ならびに対象とする治療内容

  1. 「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関するガイドライン」(日本癌治療学会)の妊孕性低下リスク分類に示された治療のうち、高・中間・低リスクの治療
  2. 長期間の治療によって卵巣予備能の低下が想定されるがん疾患:乳がん(ホルモン療法)等
  3. 造血幹細胞移植が実施される非がん疾患:
    再生不良貧血、遺伝性骨髄不全症候群(ファンコニ貧血等)、原発性免疫不全症候群、先天代謝異常症、サラセミア、鎌状赤血球症、慢性活動性EBウイルス感染症等
  4. アルキル化剤が投与される非がん疾患:
    全身性エリテマトーデス、ループス腎炎、多発性筋炎・皮膚筋炎、ベーチェット病等
     ※原疾患の治療前を基本としているが、治療中および治療後に実施した妊孕性温存療法も対象とする

○対象者の選定方法

原疾患担当医師(がん治療医または上記難病等治療医)と、妊孕性温存療法担当医師の両者により検討を行う

○説明および同意

  • 本人による書面同意、または未成年患者の場合は代諾者(保護者)による書面同意
  • 未成年患者が妊孕性温存療法を受けた場合、成人(18歳)に達した時点で、本人の凍結保存継続の意思を確認し、改めて本人から書面同意を得る

【参加病院】

都道府県がん診療連携拠点病院

  島根大学医学部附属病院

地域がん診療連携拠点病院

  松江市立病院
  松江赤十字病院
  島根県立中央病院
  独立行政法人国立病院機構浜田医療センター

がん診療連携推進病院

  益田赤十字病院

 

【実施医療機関】

・要件
日本産婦人科学会「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の凍結・保存に関する登録施設」または日本泌尿器科学会指定した施設であり、かつ島根県が指定した医療機関

指定医療機関 実施できる妊孕性温存療法
島根大学医学部附属病院 胚凍結、未受精卵子凍結、卵巣組織凍結、精子凍結、精巣内精子採取術による精子凍結
島根県立中央病院 胚凍結、未受精卵子凍結、精子凍結

島根県がん・生殖医療ネットワーク

【島根大学医学部附属病院】

医療連携フロー(島根大学医学部附属病院)

診療申込書・診療情報提供書(島根大学医学部附属病院)

PC入力用  Excel  (ダウンロードはこちら

手書き用   PDF  (ダウンロードはこちら

→ 病院間連携フロー 表示する

医療連携フロー(病院間連携)

 

【助成制度】

島根県では、令和3年4月から開始された国の助成事業に基づき、「島根県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業」を実施しています。

※詳細については島根県のホームページ参照
     ↓ こちらをクリック