外来化学療法室の専門分野

外来で抗がん薬治療を受けられる全診療科の患者さんが対象です。初回は腫瘍センター病棟に入院して化学療法を行い、急性期の副作用を万全の態勢で掌握・管理します。その上で外来治療が安全に実施できるると判断された方が外来化学療法室での治療を行っています。

また、当院では自己免疫疾患の点滴治療も当部門で行っています。

診療・業務内容

外来主治医による診察、検査結果確認の後、化学療法実施の決定がなされます。その後、担当の医師、専任看護師、専任薬剤師により患者さんの状態を確認して治療を開始します。

専任薬剤師は注射薬の無菌調整、レジメン(抗がん薬、輸液や吐き気止めなどの投与に関する時系列にまとめたもの)による監査(チェックを実施し)を行い、投与量や投与間隔の確認、支持療法、内服薬管理の支援を行います。専任看護師は、薬剤の投与管理、副作用に対する診療支援、生活指導を行ないます。また、他部門の看護師や医療ソーシャルワーカー(MSW)、管理栄養士等、他職種との連携を図っています。さらに、各スタッフが副作用の評価を行い、治療中の緊急時にも対応できる体制を整えています。このようにチ ーム医療を実践し、患者さんやご家族が納得して治療を受けられるように配慮しています。

治療環境

20 床(8 床のベッドおよび 12 床のリクライニングチェア)を有しています。ゆったりとした空間で、病床毎に TV が設置してあり、治療中もリラックスして過ごせるよう工夫しております。外来化学療法室に薬剤無菌調整室があることで、円滑な薬剤提供が行われます。また、医療ソーシャルワーカーや管理栄養士等との連携により外来化学療法が安全に実施できるように、総合的な支援体制が整っています。

治療環境

診療実績

化学療法実施中は、専任看護師 3 名が常時在室し、患者さんの御要望、必要に応じた看護を提供します。患者さんの外来主治医は、当日の診察、検査所見により化学療法実施の決定と薬剤部への通知を行います。薬剤部でも専任の薬剤師による薬剤の確認と無菌製剤室での注射薬の混合調製が行われますし、御要望に応じて治療薬剤に関する情報提供も行います。治療室ではがん化学療法に習熟した腫瘍センター医師が常駐し、実際の化学療法や緊急時の対応を担当致します。このようにがん診療に専門性を有する医師、看護師、薬剤師をはじめ医療ソーシャルワーカーや管理栄養士の多職種が連携したチームを構成して、私共の外来化学療法室が目的としています質が高く、かつ安楽、安全な治療を患者さんに提供させて戴くとともに、チーム構成スタッフそれぞれの立場から、患者さんやご家族の方々に対して様々な助言をさせて戴いたり、ご質問に応えるかたちで皆様に納得した治療を受けて戴けるように配慮しています。

外来化学療法室利用件数

外来化学療法室利用件数

 

平成 25 年度 外来化学療法室利用実績

表示する

平成25年度 外来化学療法室利用件数(月別)

平成25年度 外来化学療法室利用件数(月別)

平成25年度 外来化学療法室利用(診療科別割合)

平成25年度 外来化学療法室利用(診療科別割合)

平成25年度 疾患別利用件数(ホルモン療法除く)

平成25年度 疾患別利用件数(ホルモン療法除く)

平成 26 年度 外来化学療法室利用実績

表示する

平成26年度 外来化学療法室利用件数(月別)

平成26年度 外来化学療法室利用件数(月別)

平成26年度 外来化学療法室利用(診療科別割合)

平成26年度 外来化学療法室利用(診療科別割合)

平成26年度 疾患別利用件数(ホルモン療法除く)

平成26年度 疾患別利用件数(ホルモン療法除く)